浴室リフォーム

単純に年数が経ち古くなったから、リフォームをするのでしょうか? まずは、「こんなところが嫌でリフォームしたい」「お風呂をこんな空間にしたい」など、お風呂をリフォームしたい理由を考えてみましょう。


・古いお風呂はひんやりしていて寒い・・・
・もっとくつろげる空間にしたい
・孫と一緒にゆったり入りたい
・家族全員でわいわいと入浴したい
・老後が心配なので、バリアフリーにしたい
実際にリフォームしたお風呂でくつろいでいるところをイメージしてみましょう。それはどのような空間でしょうか?どのようなサイズ・形のお風呂でしょうか?またどんな色でしょうか?少し想像してみることで、自分のイメージに合ったお風呂を選びやすくなります。
豊富なお風呂の種類

お風呂と一口に言っても、サイズや形も様々です。たとえば、1200サイズや1600サイズなど大きさの違うものがありますので、家族構成などを考慮してお選びになると良いでしょう。
また、ワイド浴槽は家族でゆったり入れるワイドなタイプで、半身浴用のベンチもついています。さらに、全身浴と半身浴ができ、満水容量も削減したエコベンチ浴槽もあります。
形も一般的な長方形タイプ、少し丸みがかったおしゃれなタイプ、ちょっと個性的でデザイン性の高いアーチ型タイプなど。
どのようなタイプにしようか、カタログだけではイメージがつかない場合は、メーカーショールームなどで実物を見てみると良いでしょう。
人気のお風呂すべては快適のために。

豊富なアイテムで、さまざまなニーズにお応えして“快適を生み出す”オールラウンドバスルーム。
うずのチカラで、排水口を手間なくキレイに保てる「くるりんポイ排水口」、床の汚れがつきにくく、ヒヤっとした冷たさの不満も解決した「キレイサーモフロア」、お湯が冷めにくい浴槽と組フタのダブル保温で、省エネにもなる「サーモバスS」など、さまざまな機能があり。
どなたでも使いやすいユニバーサルデザインにより、快適に入浴していただけます。
また、扉パネルカラーや浴槽カラー、エプロンカラー、床カラーもお好みの色をお選びいただけます。