屋根リフォーム

屋根の断熱性や遮熱性が低いと、夏は太陽熱で室内が熱くなり、冬は暖かい空気が逃げて寒くなるなど、暮らしにくい家になってしまいます。暮らしやすさだけでなく、光熱費の節約にも繋がる屋根の断熱・遮熱リフォームについて、費用の相場や工事の方法などをご紹介します。


屋根の断熱性や遮熱性が低いと、夏は太陽熱で室内が熱くなり、冬は暖かい空気が逃げて寒くなるなど、暮らしにくい家になってしまいます。暮らしやすさだけでなく、光熱費の節約にも繋がる屋根の断熱・遮熱リフォームについて、費用の相場や工事の方法などをご紹介します。

Before
築50年を経過したコロニアル屋根
 高い技術と経験で他のリフォーム業者では出来ない
リフォームも大河原 所長ならご覧の通りぴかぴかにできます。

ではガリバリウム鋼板カバー工法の工程をご覧ください


 築50年を経過したコロニアル屋根の為、破損及び経年劣化が酷い為、張替え補強は無理と判断しました。

その為、構造用合板を引きつめ強度はもちろんガルバリュウム鋼板の下地としても有効と判断し敷設しました。

その上にルーフィングを張り防水防湿性を向上させました。

After

施主様のご希望により以前とあまり変わらない材料を選択し、ガリバリウム鋼板カバー工法にて仕上げました。


屋根を断熱・遮熱リフォームするメリット
屋根は、家の中で最も日光を浴びる箇所ですので、断熱・遮熱リフォームのどちらを行っても、高い効果を得ることができるでしょう。

屋根の断熱リフォームのメリット

部屋で温まった空気が外に逃げなくなるため、冬場の部屋を温めるために使用するエアコンの電力を節約することができます。

また、屋根断熱には複数のリフォーム方法があるため、家の構造や屋根材の種類に最も適したものを選ぶことができます。

屋根の遮熱リフォームのメリット

遮熱効果で室内の温度上昇を防ぐため、屋根に近い小屋裏やロフトが夏場でも比較的快適に過ごせるようになります。

また、夏は屋根に熱気が溜まらなくなるため、日没とともにエアコンが効きやすくなり、部屋も涼しくなっていきます。

屋根断熱と天井断熱はどちらが良い?

屋根断熱と似た工事に、天井断熱があります。天井断熱の費用は、一般的な住宅の天井部分で約80~100万円が相場となっています。

屋根断熱が主に、屋根の外側と内側で工事を行うのに対し、天井断熱は、屋内の天井部分で工事を行います。

屋内の天井の上側にグラスウールなどの断熱材を敷き詰めることによって、天井と室内で熱の移動が少なくなります。

しかし、天井断熱を行っても、屋根断熱をしていなければ、小屋裏と天井のあいだの空間に熱が溜まってしまい、温まった熱が輻射熱となって室内に入ってしまう恐れがあります。

小屋裏に溜まる熱を解消する方法としては、小屋裏に通気口を設置するリフォームなどがあります。小屋裏の通気口設置に必要な費用は、約5~15万円が相場です。

断熱性が低い屋根材を使っている家や、小屋裏のロフトを活用したいなどの理由があれば、屋根断熱を選択すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA