トイレリフォーム

通常のトイレを節水トイレに変えるだけで年間最大約1.5万円も節約できます。
トイレを変えるだけで節約できたらこんなに魅力的なことはないですね。しかも節水トイレは少ない水で流れるように表面が滑らかな素材が使われているので掃除もしやすくなっています。手入れが楽で環境にもお財布にも優しい節水トイレにリフォームしてゆとりのある暮らしを始めましょう


節水トイレに変えるだけでメリット3つ

・年間1.4万円~1.5万円節水
機種よって多少異なりますが、年間約1.4万円~約1.5万円分節水できます。
トイレの平均使用年数は約10年と言われていますので、最低でもトイレ1台で約14万~約15万円節約できる計算になります。
掃除がしやすい
節水トイレは各メーカーともに少ない水でしっかりとした水流をつくるために、便器の形や素材を工夫しています。水が流れやすいシンプルな形や、ツルっとした素材は掃除が楽で大きなメリットとなります。
・年間4千円~7千円の節電が可能
節水トイレは節電機能も備えられています。自動で便座の保温機能をオフにしたり、温水シャワーの温度を下げたりする機能をつけることで、年間4千円~7千円の節電効果が見込めます。節水、節電合わせると、トイレにかかる費用を年間で約2万円前後節約することができます。
いいことばかりじゃない?!


節水トイレデメリット2つ

節水トイレにもデメリットはあります。リフォームする前にデメリットもしっかり把握しておきましょう。
・つまる確率が高くなる
各メーカーが工夫をして少ない水でもしっかりと流れるように作られていますが、節水タイプでないトイレと比べるとつまる確率は高くなります。
・節約した水道代でもとをとるのは難しい
普通のトイレと比べると節水できますが、トイレのリフォーム費用を回収するためには相当長く使わないといけないので、もとをとるのは難しいでしょう。